1. HOME
  2. いせや日記
  3. ブログ
  4. 振袖を着るときにはどんな小物が必要?八木橋店

振袖を着るときにはどんな小物が必要?八木橋店

振袖を着るときにはどんな小物が必要?八木橋店

こんにちは♡フォトスタジオkomachi八木橋店です!

komachi八木橋店は、埼玉県の熊谷市 熊谷駅北口(正面口)から徒歩15分にある
八木橋百貨店の最上階、8階にあるフォトスタジオです♪

♡komachi八木橋店の店舗情報はこちら♡

深谷本店、イオン上里店、東松山店、鴻巣店とは違い
フォトスタジオがメインの店舗となっていますが、いせやグループの店舗なのでお振袖のレンタルやお持込、販売等も行っております (๑❛ᴗ❛๑)♡

振袖のパンフレットやカタログ等が届き始め、そろそろ振袖を選ぶ時期なのかな?と思い始めた方もいるのではないでしょうか。

準備し始めようと思ったとき、、

【そもそも何から準備するの?】

【そもそも何が必要なの?】

など普段着るお洋服とは違うので、振袖のことについて詳しいという方の方がきっと少ないと思います。

実際に「何から準備したらいいか全くわからないので教えて欲しい」とお客様から問い合わせを頂くことも多いので

そこで今回は!

振袖を着るときに必要な小物

について紹介させていただきます。

振袖選びは、レンタルプラン、ご購入プラン、お持込プランなど振袖はいろいろな形で選んで着ることができます

レンタルプランやご購入プランでは、着付けに必要なすべてのものが揃っている場合が多いです。

すでにお母様の振袖を持っている方は、その振袖を使うこともできるお持込プランなどもありますが、その場合に着付けに必要な小物が全て揃っていない場合もあります。

どのプランにも必要になってくるものが

・振袖  ・長襦袢  ・袋帯
・帯揚げ ・帯締め  ・重ね襟  ・草履、バック
・足袋  ・肌襦袢、裾除け
・襟芯  ・伊達締め ・着付けベルト
・三重紐 ・腰紐   ・帯板   ・帯枕
・髪飾り ・ショール

です!

また、普段の洋服とは違い着物を着る際は補正が必要となります。

補正についてのブログはこちら

上記のもののほかに補正で必要なものが下記になります。

脱脂綿・ガーゼ・タオル

まずは振袖・長襦袢・袋帯から紹介していきます。

振袖

成人式では、中振袖とも呼ばれる約100センチほとの袖丈の長いものです。

長襦袢

物の襟元の白い部分が着物を着た時に見える所です。

名称が似ているので肌襦袢と勘違いされる方もいらっしゃるのですが、着物が直接肌に当たるのを防ぎ、汗などから着物を守るため振袖の中に着るものです。

この襟に刺繍半襟というものをつけて振袖をより華やかにすることもできます!

この刺繍半襟は好みなので付けても付けなくても、どちらでも問題ありませんが、汗の他にファンデーションなどの化粧品汚れから長襦袢を守ってくれる役割もあるので最近ではほとんどのお嬢様がつけています(*´-`)

帯袋

帯の表裏の両方に柄のある丸帯の、裏面を無地にしてより軽く織られた帯です。

現代では様々な帯結びの種類があります。
その為、長さや重さ(軽くなっています)が以前と異なりより華やかな雰囲気が仕上がります。

続いて帯揚げ・帯締め重ね衿・草履バックを紹介します

帯揚げ

胸元の帯の上に入れるものです。
しぼりのものが一般的となりますが、最近ではレースタイプのものなどもあります♪

帯締め

帯の真ん中にあり、その名の通り帯を締めて着付けを整えるために使います。

小さな飾りから大きな飾りのついたものなど、様々な色や形があります♪

重ね衿

⇧紫色の部分です。

襟元の長襦袢と着物の間に入れるものです。

こちらもレースのついたものや、パールの飾りが付いたものなど種類がたくさんあります。振袖の柄やお嬢様の好みによってアレンジできます♪

草履バック

こちらは基本セットに含まれております。
近年では少しバッグも大きくなり、持ちやすいものが増えてきています。

続いては着付けをする際初めに使うものです。

続いて 肌襦袢、裾除け ・足袋を紹介します

肌襦袢、裾除け

上下で分かれていますが、ものによってはワンピースのようなタイプもあります。
右が肌襦袢、左が裾除けです。

足袋

かかと部分にホックが付いているので、そこに引っ掛けて留めます。

続いて 伊達締め ・着付けベルト ・衿芯・帯板・帯枕・三重紐・腰紐を紹介します

伊達締め

着物と長襦袢の衿合わせを安定させたり、着物のおはしょりを真っ直ぐ整えるために使用するものなので
腰紐だけでは着崩れを起こしてしまうため必要になります。
マジックテープでとめるタイプのものもあります。

着付ベルト

腰紐のようにしっかり締めるのではなく、両端についたクリップで着物を止め、 襟もとを整え衿の着くずれを防ぐために使用します。

襟芯

襟元の形を整えるため、長襦袢に入れて使うもので必ず必要になります。

帯板

帯の間に入れるもので、前後1枚ずつ大小あり、合計2枚必要になるものです。

帯枕

小物

背中の後ろで作った帯が下に落ちてこないようにしたり、帯の形を綺麗に見せるために必要です。

三重紐

こちらは帯を結ぶ際に背中を可愛く、華やかにアレンジするために必要です。
※ママ振袖をお持ちの方もこの三重仮紐はお持ちでない方が多いのでお買い求めいただく方が多いです!

腰紐

小物

この紐で着物を縛っていきます。
3~4本ほど必要になります。

髪飾り

当店でも種類豊富に取り揃えております。

種類や色など様々あり髪型によって決める方もいらっしゃいます。

人気の髪型紹介

上記のブログも是非参考にしてみてください。

ショール

ショールは防寒対策などでつける方、おしゃれなどで使用しますがなくても問題はありません。
振袖のレンタルではセットで白のショールが付いてくることが多いです。

グレーや黒など色やデザインもいくつかあります。

いかがでしたか?

振袖に必要な小物はこうしてみるとたくさんありますが、いせや呉服店で成約していただくとほとんどの小物がセットでプレゼントさせていただいております。

分からないことやご不明な点がありましたらお気軽にお問い合わせください。

ご予約お問い合わせはこちら

お客様へ完全予約制に関するお願い

現在『いせやグループ 新型コロナウイルス感染症対策・衛生指針』則り、ご来店前には必ずご予約をお願い致します。

WEB・LINE・お電話から可能です。

店舗紹介

✿深谷本店
埼玉県深谷市仲町4-3
いせや:048-571-3161
KOMACHI:048-577-3746
(水曜・第一火曜定休)

✿鴻巣店
埼玉県鴻巣市本町8-5-26
いせや:048-540-6888
KOMACHI:048-540-6733
(火・水定休)

✿東松山店
埼玉県東松山市松葉町3-15-13
いせや:0493-59-9371
KOMACHI:0493-59-9381(火・水定休)

✿イオン上里店
埼玉県児玉郡上里町金久保359-1
イオンタウン上里 1F
いせや:0495-35-3915
KOMACHI:0495-71-6366
(年中無休)

✿熊谷行田店
埼玉県熊谷市佐谷田1260
048-501-7620
(火・水定休)

✿八木橋店
埼玉県熊谷市仲町74
八木橋百貨店8F
048-501-1227

♡Instagram♡

鴻巣店@komachi_kounosu

東松山店@komachi_higashimatsuyama

深谷店@komachi_fukaya

イオン上里店@komahi_kamisato

八木橋店@komachi_yagihashi

ファーストコレクション熊谷行田店@firstcollection

フォトスタジオKOMACHIのサイトはコチラ

komachi

フォトスタジオkomachi八木橋店は 創業145年 いせや呉服店のグループです♪
深谷市、熊谷市、行田市など多くの地域の方がご来店頂ける呉服店兼、フォトスタジオとして
たくさんのお客様に素敵な思い出作りのお手伝いをさせていただきます!
八木橋百貨店の中にある店舗なので気軽にお立ち寄り、お問合せ下さいませ♪

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事